斜位(しゃい)について


快適な眼鏡の度数を求めるには、近視・遠視・乱視の屈折度数以外に、左右の目線の位置関係
も考慮したうえでの度数でなければなりません。

片眼づつ度数を測り、その後に両眼での度の強弱を調整して終わり、という検査しかしない眼鏡店
も多のですがそれだけでは快適な眼鏡処方が難しいケースが多くあります。

例えば、遠くを見た時に左右の目線はほぼ平行になり、近くを見る時の左右の目線は少し寄って
きますが、これを輻湊(ふくそう)と言います。
見るものが近くになればなるほど左右の眼は寄り目の状態になってきます。
左右の眼は見るものに合わせて、よせ運動(内よせ、外よせ)を繰り返しています。

しかし、このよせ運動には個人差があり、よせ運動の弱い人も多く、快適な視覚を阻害する原因に
なっているケースもあります。


 遠く(無限遠方)を見た時の目線      近くを見ているときの目線     左右の目線がうまく合わせられない(内斜位)


この状態を斜位といい、内よせ運動の弱いケースを外斜位(がいしゃい)といい
外よせ運動の弱いケースを内斜位(ないしゃい)といいます。

斜位の原因には様々な要素が考えられますが、大きく分けて、目を動かす筋肉に問題が
あるケースと、近視や遠視の未矯正や適切な屈折度数の未矯正が考えられます。

特に、近視や遠視の適切な屈折度数の未矯正が斜位の原因になっているケースが多く
適切な眼鏡度数により、多くの軽微な斜位は解決することができます。

これは眼の調節(ピント合わせ)と眼のよせ運動は互いに連動するためですが、例えば
遠視の低矯正と近視の過矯正では、より多く調節(眼のピント合わせ)が要求されるため
眼のよせ運動もより多く内よせに働いてしまうために、調節と輻湊のバランスが崩れ、
眼の疲れ等の症状が起こってきます。

この水平方向の斜位のほかに、垂直方向に左右の視線がズレる上斜位があります。
上斜位は特に眼精疲労やものが二重に見える複視の原因になりますので、
プリズム処方による斜位矯正の必要がでてきます。

それに比べて、水平方向の斜位の大部分はこのような眼位を考慮した適切な眼鏡処方
により、快適な眼鏡をお作りすることができます。


両眼視機能検査〜視覚向上のための正確な屈折検査とは


パソコンメガネ〜快適なパソコンメガネとは オプティック・レインボーTOPページ



■強度近視用メガネ ■大きいメガネ ■パソコンメガネ ■丸メガネ ■子供用メガネ ■ふちなしメガネ〜ミニマル
■剣道・スポーツ用メガネ ■跳ね上げメガネ ■偏光サングラス ■両眼視機能検査 ■深視力検査 ■眼瞼下垂矯正メガネ
■メガネレンズの基礎知識 ■フレームの基礎知識 ■職人魂 ■眼鏡通販の問題点 ■店舗紹介・アクセス ■リンク

東京・杉並区西荻窪の眼鏡店 オプティック・レインボー