パソコンメガネ~快適なパソコン用メガネとは

目が疲れにくい快適なパソコン用メガネ

 

長時間のパソコン作業による眼のストレス

老眼のあるシニア世代のかたはもちろんですが、特に最近では、20~30代の若い人でも
長時間のパソコン作業により眼の疲れや見えにくさを訴えるかたが多くいます。

このような、若い人でもパソコン作業につかれや見えにくさのあるかたに、快適なパソコン用メガネを
作りたいというのがこのページでのご提案です。

眼鏡を常用するしないにかかわらず、多くの人がパソコン作業による眼の疲れやストレスを感じて
いるのが現状ですが、そもそも人間の眼は本来、近くのものを長時間見つづけることには適さない
性質をもっているといわれます。


大切な両眼視、両眼のチームワーク

人間は左右の眼を連動させて両眼でものを見ます。
近くのものを見るために、眼はピントを合わせ(これを調節といいます)、それと同時に左右の眼は
その対象物に視線を合わせるために、少し内側に寄せます(これを輻輳といいます)。
この近くの対象物へのピン合わせと、寄せ運動は連動していますが、ピント合わせのための調節と
輻輳を長時間連続的に行うと、眼は常に緊張状態になり疲労してきます。

特に長時間のパソコン作業は、ピント合わせと寄せ運動が、ディスプレーという狭い範囲の中に
固定されるために常に眼を緊張させた状態となり、眼にとっては特に疲れやすい環境となります。

以上のように両眼視の問題も含めて考えると、老眼のあるシニア世代のかたに限らず、若い人でも
近くを長時間見るというのは、眼に対して多少の無理を強いていることになります。
その無理を極力排除して適正な眼の調節状態で近くを見ることのできる度数のメガネが必要となってきます。

両眼視機能検査~視覚向上のための正確な屈折検査とは

それが…PC作業に快適なパソコンメガネ…ということです。

当店で使用している、パソコン作業に適切な度数を正確に測定できる視力表装置

この視力表装置は、老眼鏡が必要なシニア世代のかたにも、もちろん応用することができ中近・近近レンズでお作りするパソコン用メガネでも適切な度数を求めることができます。

パソコン用メガネ といっても特別なレンズを使用するものではなく、普通のメガネと同価格でお作りできます。
シニアグラスが必要な世代のかたは、中近両用や近近レンズをお薦めすることが多くなります。

これまで、「老眼のない人のパソコン作業に最適な度数を緻密に求める方法」というものが
眼科でも眼鏡店でもほとんどわかっておらず、それについて解説した専門書などもなく
その研究もないに等しい状態でした。
この「老眼のない人に関してもパソコン作業にもっとも適した度数を求める方法」は、パソコンメガネ研究会を発足させた岡本隆博氏により研究され平成16年に発表されました。

パソコンメガネに関する情報は、パソコンメガネ研究会のサイトをご覧ください。

※ お願い

検査をご希望のかたは、ご予約をお願いいたします。

検査みの場合の検査料は \3,240 です。
(※ 処方箋の発行はいたしません。)

ネット通販でご購入の新品フレームへのレンズ入替はお断りしております。