メガネ、サングラスの通販、ネット通販の問題点

メガネ、サングラスの通販やネット販売にはさまざま問題点が

インターネットの普及により様々な物品の通信販売が手軽に、より便利になりました。

人気のサングラスや有名人の掛けている眼鏡の情報もより入手しやすくなり、わざわざ何軒も
お店を探し回らなくても、通販で入手することも可能となっています。

しかし、メガネ・サングラスの通信販売には多くの問題点があります。

度付きレンズの通販は問題が多すぎて論外ですが、フレームのみの販売やサングラスの
通販でもフィッティングをどうするかという問題があります。

眼鏡やサングラスはご購入いただいたお客様のお顔にフィットしなければ使えませんので
必ずフィッティングという調整が必要になってきます。

当然、通販ではフィッティングができませんが、通販で購入された眼鏡はどこでフィッティング
をしてもらえば良いのでしょうか?

ご自分で調整することはできませんので、大抵のかたは近くの眼鏡店で調整を依頼するより
方法はないでしょう。

眼鏡フレームの調整は名人といわれる技術者がやっても破損などのリスクが伴います。

親切心でフィッティングをしてあげてフレームが破損してしまったり、調整中に思わぬ不具合
などもおこることもあり得ますが、そういう場合に調整を依頼されたお店は責任をもって修理など
に対応できるかというと、すべて可能というわけではありません。

それで、通販で購入された眼鏡が調整中に破損した場合、その責任は調整をしたお店にある
のでしょうか?

もしもそのようなことになって、調整を請け負った眼鏡店で責任を負わなければならない
となると、とても不条理さを感じますし、通販業者がその責任を負うことはまず考えられません。

結局は通販で眼鏡を購入したユーザー自身が損をすることになってしまいます。

技術と責任を放棄して無責任な通信販売をしている通販業者は、眼鏡技術者となのる資格も
ないのではないでしょうか?

当店では、その他多くの問題点に鑑み、メガネ、サングラスの通販をお断りしております。

また、私が所属している日本眼鏡技術者協会では以下のような表明をしています。

通販の眼鏡販売の責任と良識につきまして。

消費者のみなさまは、WEBや新聞広告で眼鏡を通信販売する業者を数多くご覧になって
いることと思います。

眼鏡販売は、測定・フィッティング・アフターフォローなどお客様と対面することで初めて
可能な技術行為を伴う販売です。

ところが通信という販売手段では、対面による技術行為は不可能で、
必要な眼鏡調整技術を完遂しておりません。

そのような業者がいくら眼鏡販売と表現していても、良識ある眼鏡技術者の行為とは言えません。
なぜなら眼鏡は、完成された状態でお客様のお顔に正しくフィットされて、初めて機能を発揮する
ものだからです。

またこのような業者の中には「フィッティング等不具合であれば、お近くの眼鏡店で直して
もらってください。おそらく無料で直してくれます」などと標榜するところもありますが、自店の
商品について、事後のフィッティングや不具合のアフターフォローの責任を一方的に他の販売店
に転嫁することは、眼鏡技術者に課せられた販売者としての責任を放棄する行為で、商倫理と
して許されるものではありません。

消費者のみなさまは以上のことにご理解頂き、良識と責任を持った認定眼鏡士のいる眼鏡取扱い
店を選んで頂きますよう、お願い致します。


認定眼鏡士による眼鏡の通信販売・ネット販売について。

平成20年10月22日開催の「眼鏡技術者・認定資格制定委員会」において
認定眼鏡士が、眼鏡の通信販売・ネット販売を行っていることが判明した場合、本人に警告書を
送付して、なお、改善されない場合は資格を取り消す事にする。』ことが取り決められました。
認定眼鏡士の皆様は「眼鏡の通信販売・ネット販売」を行わないよう注意下さい。

日本眼鏡技術者協会ホームページより

※ メガネ・サングラスの通販の問題点に付いては下のサイトを参考にしてください。